政治

原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行の理由は?経歴や評判も!

原仁史(島根の雲南市長)のタイトルカード

島根・雲南市長の原仁史氏が逮捕されたということがニュースになって、話題になっていますね。

島根県出雲市の病院で女性看護師(28)に暴行しけがを負わせたとして、出雲署は16日、傷害容疑で同県雲南市長の原仁史容疑者(65)=雲南市大東町飯田=を逮捕した。

THE SANKEI NEWSより引用

原仁史市長と看護師の間に何があったか気になりますね。

「原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行の理由は?経歴や評判も!」という内容で調べたことをまとめました。

原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行の理由は?

原仁史(島根の雲南市長)が暴行容疑で逮捕されたそうですが、そもそもなんで入院中に、女性看護師につかみかかって、ケガを追わせる必要があるんでしょうか。

 

原仁史市長の入院理由は、高血圧緊張症と診断されています。

2020年11月28日に、市長選で初当選したところで、議会の初日の日に体調不良を訴えて、入院となったようです。

高血圧緊急症とは

悪性高血圧は、別名「高血圧緊急症」とも呼ばれ、単に血圧が異常に高いだけではなく、血圧の上昇によって脳、心臓、腎臓、大動脈などに急性の障害が起こり進行する病気で、すぐに治療しないと命を落としてしまうこともある病気です。

済生会のホームページより一部抜粋引用

高血圧緊急症は、大病ということがわかりますね。

原仁史市長が、看護師に逮捕されるような暴行した理由は、政治家としての初日に、大病で入院となり、退院したい焦りと、病気への不安を看護師にぶつけてしまって、逮捕されるような暴行をしたのではないかと思いました。

いわゆる八つ当たりというものかなと・・・。

でも、逮捕されるような暴行となると、やつあたりが度を過ぎていますよね。

 

山陰中央新報の記事では、精神的に不安定だったという記事もありました。

市長を知る関係者によると「(当選後、初登庁までに)精神的に不安定な様子があり、気にかけていた」という。

山陰中央新報より引用

ただ、もともと精神的な治療をしていた方なのか、病気で一時的に不安定だったのかはわかりません。

 

このことから考えると、原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行の理由は、

  • 大病を患ったことの不安と、市長になったばかりで早く退院したかったことへの焦り
  • 精神的に不安定で、些細なことに切れやすい状態

だったのかもしれません。

 

これは憶測なので、暴行逮捕された理由は、もう少し報道を待ったほうが良さそうですね。

ただ、どんな理由があっても、傷つける行為は許されないことですね。

スポンサーリンク

原仁史(島根の雲南市長)の経歴とプロフィール

投票

原仁史(島根の雲南市長)のプロフィール

名前 原仁史(はら ひとし)
生年月日 1955年5月15日生まれ
出身地 島根県大原郡大東町(今の雲南市大東町)
趣味・特技 読書、ジョギング、サイクリング、テニス、野菜づくり
高校 不明
大学 京都大学法学部卒業

原仁史(島根の雲南市長)の経歴

1978年 島根県庁入庁
2011年 島根県農林水産部長
2013年 島根県健康福祉部長
2015年 島根県庁退職
2015年 公益財団法人ふるさと島根定住財団副理事長就任
2020年 公益財団法人ふるさと島根定住財団副理事長退任
2020年 島根・雲南市長就任

県庁入庁から、役所にずっと関わっている方なんですね。

原仁史(島根の雲南市長)の評判

原仁史(島根の雲南市長)の評判については、まだ市長になったばかりで、何も活動していないので、市政への評価にかんする声は少なかったように思います。

ただ、今回の事件の衝撃は大きかったので、事件に関する原仁史(島根の雲南市長)の世間の声をまとめました。

今回の、原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行については、詳細が少ないので、逮捕の事実が衝撃のようでした。

今回の暴行事件は、松江シティのユース計画がなくなったことがきっかけで、このような事件になったのでは?という情報もあり、松江シティのユース計画についても、今後注目ですね。

まとめ

「原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行の理由は?経歴や評判も!」という内容でまとめました。

原仁史(島根の雲南市長)の逮捕暴行の理由は、詳細が出ていないので、可能性として考えたのですが、現在の状況に関する焦りか、精神的な不安定さからくる衝動的なもののどちらかなのかなと思いました。

どんな理由があっても、暴行は許されませんよね。

続報を待ちたいと思います。