女性有名人

深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは何?代役は誰になる?

深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは何?代役は誰になる?

深田恭子さんが、体調不良で、芸能活動を休止することが報道されました。

2020年の春くらいから体調を壊していたようで心配です。

深田恭子さんは、売れっ子女優で、すでに2021年7月の夏ドラマの出演が決まっていて、クランクアップされた直後の降板だったようです。

「深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは何?代役は誰になる?」という内容でまとめました。

深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは何?

深田恭子2

深田恭子さんが、体調不良で芸能活動を休止するという発表があり、それに伴って、現在進行している2021年7月(夏)のドラマを降板するということになりました。

7月と言えば、もう1か月半ほどだし、ある程度準備も進んで、撮影に臨むころだと思います。

報道では、クランクアップした後の降板だったと書かれていました。

 

そこで、気になるのは、2021年7月(夏)のドラマが何かということですよね。

<追記>深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは、「推しの王子様」と発表されました。

公式には、深田恭子さんの出演が決まっていたドラマが何か、発表はされていないのですが、過去の深田恭子さんの出演ドラマや、出演ドラマ枠などから、フジテレビの木曜日10時枠のドラマの可能性が高いです。

<追記>やはり木曜午後10時(木10)の木曜劇場のドラマでした!

なぜ、深田恭子さんが2021年7月(夏)のドラマが、木曜日10時枠のドラマかというと、フジテレビの木曜日10時枠のドラマを、ここ3年続けていたからです。

  • 2018年 隣の家族は青く見える
  • 2019年 ルパンの娘
  • 2020年 ルパンの娘 第2シリーズ

ルパンの娘は映画化されますし、2021年も木曜劇場(木10のドラマ)に抜擢されるのは、自然な流れかと思います。

また、木曜劇場は、社会派ドラマが多いのですが、深田恭子さんが演じると、どんなドラマも、全体がほんわかする感じに仕上がるのが不思議です。

まじめで一生懸命な人という役も、コメディのような役も、みんな深田恭子さんの雰囲気に持っていくのがすごいです。

ドラマの内容は、社会派ドラマやミステリーを扱うドラマでありつつ、深田恭子さんのほんわりした雰囲気を感じられるドラマになっていたのではないでしょうか。

<追記>

比嘉が演じるのは女性向け恋愛ゲームを手掛けるベンチャー企業社長。次回作に悩む中で自社の大ヒットゲームのキャラにそっくりの、渡辺圭祐(27)演じる不作法、無教養、無気力なイケメンと出会い、彼を雇って理想の男性に育てる現代版の“逆マイ・フェア・レディ”的ストーリーという。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105280000935.html

このストーリーは、深田恭子さんをイメージして作られたということですが、比嘉愛美さんが演じても面白そうな内容ですね!

しかも、ゲームのキャラそっくりのイケメン渡邊圭佑さんの演技もきになります!渡邊圭佑の好きなタイプは見た目重視?彼女の存在や結婚願望についても!という記事もあわせてごらんください!

スポンサーリンク

深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマの代役は誰になる?

深田恭子1

深田恭子さんが降板する2021年7月(夏)のドラマは、木10の木曜劇場なのではないかと、予想しました。

では、木曜10時 (木10)で深田恭子さんが降板した代役は誰なのか考えてみました。

<追記>

深田恭子さんの代役は、スケジュール的にもなかなか合わないことも多く、難しかったようですが、5月29日の報道で、比嘉愛美さんが代役になったことが決まりました!!

この報道を聞いて、すごくいい!!と思いました。

芯がある女性でありながら、癒しも感じさせるし、主役も十分務めることができるので適任ですね。

 

フジテレビの木曜劇場(木10)の枠の出演者は、ホリプロ所属タレントが多いです!

<木曜劇場に出演したホリプロ出身者>

レンアイ漫画家 鈴木亮平
アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 石原さとみ
隣の家族は青く見える 松山ケンイチ
知ってるワイフ 片平なぎさ
知ってるワイフ 佐野ひなこ

など、ホリプロのタレントさんが演じていることが多いです。

深田恭子さんの代役は、ホリプロで主役をはれる女優が考えられていたのですが、スケジュール的にも、合わせるのが大変だし、主役という大役をこなせる人材は、ホリプロにしばると難しかったんだと思います。

 

次に、代役とドラマの相性です。

「クランクインまであと10日ほどで、まさに青天の霹靂でした。脚本は主演の深田さんをイメージして作られていますし、共演者も深田さんとの相性を考えられているはず。放送は止められないので、これから主演を見つけなければいけませんが、このタイミングで代役を見つけるのは至難の業です」

https://www.news-postseven.com/より引用

深田恭子さんが降板する2021年7月(夏)のドラマは、深田恭子さんをイメージした脚本ということが、ポイントですね。

となると、あのふんわりした感じを誰が演じるのか・・・。

ちょっと天然で、ふんわりした雰囲気をもった、主役をはれる女優で代役を考えてみました。

  • 綾瀬はるかさん
  • 高畑充希さん
  • 石原さとみさん

などがあげられるのではないでしょうか。

ただ、みなさん売れっ子女優のため、スケジュールが埋まっている可能性もあります。(実際そのようで、なかなか決まらなかったようです)

そうなってくると、若手の女優さんが代役をされる可能性もあります。

もし、若手女優が代役に選ばれたら、その若手女優は、事務所が押している女優ということになるので、今後ブレイクする可能性が高まります。

 

ですが、深田恭子さんの代役には、比嘉愛美さんが選ばれました。

ホリプロにこだわっていたら、若手女優をゴリ推ししていたかもしれませんが、やっぱり主役をこなせる人材ということで、他の事務所にも手を広げたのだと思います。

深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは何?代役は誰?のまとめ

「深田恭子が降板する2021年7月(夏)のドラマは何?代役は誰になる?」という内容でまとめました。

深田恭子さんが降板する2021年7月(夏)のドラマは、木曜10時枠の木曜劇場のドラマであると予想しました。

深田恭子さんの代役は、現状主役をはれる、綾瀬はるかさん、石原さとみさん、高畑充希さんなどが考えられます。

もしかすると、ホリプロ女優の若手一押し女優を大抜擢する可能性もありますよね。

誰が深田恭子さんの代役をするのか、注目ですね。