政治

今井豊(維新の会副代表)の学歴や経歴wiki!献金暴露は不倫隠し?

今井豊(維新の会副代表)の学歴や経歴wiki!献金暴露は不倫隠し?

維新の会の今井豊副代表が、貝塚氏の藤原龍男市長から100万円の献金を受け取っていたことで、離党することになりましたね。

デイリー新潮の記者は、今井豊副代表に不倫の事実を聞くために直撃取材をしたところ、献金の暴露をしたそうです。

どういうこと?ってなりますよね。

そこで、維新の会の今井豊副代表がどんな方なのか、学歴や経歴(wiki)についてと、献金や不倫の報道についてもまとめたいと思います。

今井豊(維新の会副代表)の学歴や経歴wiki!

 

 

維新の会の今井豊副代表って、副代表になるくらいなので、学力がどれくらいなのか気になって調べてみました。

すると、今井豊副代表は、貝塚出身で貝塚の貝塚市立東小学校、貝塚市立第二中学校を卒業していることがわかりました。

貝塚と言えば、献金をもらった相手が藤原龍男市長で、貝塚市長でしたね。

何か関係があるのか・・・。

献金については、後の見出しのところで、掘り下げようと思います。

今井豊(維新の会副代表)の高校

維新の会の今井豊副代表の高校は、大阪府立佐野高等学校を卒業されています。

大阪府立佐野高等学校は、大阪府の公立高校で、偏差値は58です。

普通科と国際教養科があり、英語のコミュニケーションや留学生の受け入れなどで、国際交流に力を入れている学校です。

卒業生には、元衆議院議員の松浪健四郎さんや、ドランクドラゴンの塚地武雅、アナウンサーの山本浩之さんなどがいます。

私個人の印象は、なんかキャラ濃いな、と思いましたがどうでしょうか。これは私の勝手な印象ですが。

学校の評判や口コミを見てみても、「入学して後悔は一度もしていません」と言い切れる学校のようです。

政治家になる人を調べていると、高校から偏差値70超えてましたっていう人もたくさんいますが、今井豊副代表は、平均よりは学力が高いものの、ずば抜けて賢い高校に行っていたというわけではなさそうですね。

今井豊(維新の会副代表)の大学

今井豊副代表の出身大学は、奈良大学です。

奈良大学の偏差値は35から45ということなので、学力は高い方ではなさそうです。

奈良だけに、文学部では文化や地理、歴史などの学科と、社会学部では心理学科や総合社会学科があります。

 

 

高校も、のびのびとした学生生活を送っていそうな校風でしたが、奈良大学も自然豊かでいい所です。

奈良公園には、鹿がいたり、奈良の大仏があるところです。

奈良という歴史を感じられる場所での学校生活ということで、充実した学生生活を送っていたのではないでしょうか。

今井豊(維新の会副代表)の経歴wiki

今井豊副代表の経歴です。

1991年 貝塚市議会議員に初当選。以後3期連続当選
1999年5月 貝塚市議会議長(2000年5月まで)
2003年 大阪府議会議員(貝塚市選挙区)
2004年 会派「主権おおさか」を設立→「府民ネットおおさか」
2005年 副幹事長
2006年 幹事長
2007年 大阪府議会議員選挙で再選
2007年 大阪府議会自民党議員団に加入
2009年 新会派「自民党・維新の会」を創設、代表へ就任
2010年 地域政党「大阪維新の会」の結党に参加し副代表へ就任
2011年 大阪維新の会大阪府議会議員団の代表代行兼幹事長
2012年 国政政党「日本維新の会」の結党へ参加(副代表)
2014年 会派「大阪維新の会・みんなの党」都構想推進大阪府議会議員団幹事長
2015年 第109代大阪府議会議長に就任
2015年 新党「おおさか維新の会」への参加を表明し、維新の党から除籍
2015年 「おおさか維新の会」副代表
2017年  大阪府議会議長退任
2017年 大阪維新の会 大阪府議会議員団副代表
2017年 大阪府議会日中友好親善議員連盟会長
2020年 副代表に復帰
2021年

今井豊副代表は、部落解放同盟の組織内候補だったようです。

今井豊副代表は、色々な肩書を経験されて、今に至るのですね。

それにしても、維新の会の名前が多すぎて、どれがどれかわかりませんね。

2021年現在、不倫と献金報道で「大阪維新の会」を離党しました。

今井豊(維新の会副代表)の献金暴露は不倫隠し?

 

 

委員の会の今井豊副代表は、献金の問題で、離党を発表しました。

デイリー新潮では、不倫に対しての直撃取材だったのに、なぜか献金について暴露したことが書かれていました。

今井豊(維新の会副代表)の不倫相手は事務員

今井豊副代表が不倫したとされる相手は、事務員ということです。

記事の中では仮名で前田さんとなっています。

ただ、実際に不倫をして関係があるかについては、否定されています。

今井豊副代表の不倫相手とされる前田さん(仮名)についてわかっていることはこちら

  • 年齢は60代
  • 事務員
  • 離婚歴はあるが今は独身
  • 不倫相手のマンションで会っていた
  • 不倫相手が献金のお金を持っている

今井豊副代表が不倫相手とする60代の女性と、頻繁に会っていたと報道されていましたが、在宅勤務で資料の受け渡しをしていると話しているようです。

資料なんて郵送でもできますし、何度も足を運ぶというのは、疑われてもしょうがないですよね。

今井豊(維新の会副代表)の献金暴露は不倫隠し?

今井豊副代表が今回の不倫報道と献金報道で、なぜか献金について自分で暴露しています。

献金暴露は不倫を隠したいから?それとも他になにかある?と勘繰りたくなりますね。

不倫を突っ込まれないように、献金というもう一つのネタを出してきてもみ消しを図ったのか。

それか、献金のことをかぎつけられたと思って、先に謝罪したもの勝ちみたいに暴露したのか。

もっと大きい何かを知られたくなかったのか・・・。

疑問が残りますね。

特に献金をもらっていたのが、貝塚市長ということで、今井豊副代表の出身地で、今井豊副代表は昔、大阪府議会議員(貝塚)をされていたこともあり、つながりが気になりますね。

また、60代の女性宅にそのお金があったのも気になりますね。

詳細は、後日出てきそうですね。

今井豊(維新の会副代表)の評判と反応

今井豊副代表が不倫と献金の疑惑で報道があったので、今井豊副代表に対しての評判や反応は、維新の会の対応や不祥事の多さに向いているように思います。

 

 

今井豊副代表の不倫相手とされる事務員が、60代ということにも驚きですし、不倫の直撃取材に、献金を自白するのも理解できないし、謎だらけのニュースですね。

まとめ

「今井豊(維新の会副代表)の学歴や経歴wiki!献金暴露は不倫隠し?」という内容でまとめました。

今井豊副代表の学歴は、高校は大阪府立佐野高等学校で平均以上の学力の学校でしたが、大学は、奈良大学で偏差値でいうと、平均より下の学力の大学でした。

経歴は、議員としての歴や、維新関連の党や会に所属していました。

不倫の直撃取材で献金についてもばらしてしまうあたり、論点のすり替え(不倫隠し)なのか、疑問だらけの記事でした。

今後、続報が出そうですね。