政治

木下富美子都議がため息!辞任会見は演技で反省なし?おかしいの声

木下富美子都議がため息!辞任会見は演技で反省なし?おかしいの声

木下富美子都議が、2021年11月22日に、辞任会見を行いました。

今までは、辞任しないと主張されていたのですが、小池百合子都知事と話をしたあと、決意されたようです。

そこで注目されているのが、辞任会見の時のため息です。

木下富美子都議の辞任会見は演技で反省していないのでは?という声や、内容がおかしいという声もあったのでまとめました。

木下富美子都議がため息|辞任会見は演技?

 

 

木下富美子都議が、ため息まじりで辞任会見をされたことに、演技では?反省ないと感じた方が多くいました。

選挙中に木下富美子都議が無免許運転をしていたことを公表せずに当選し、当選後も議会に現れず、給料だけ受け取っていたこと、都政運営に影響が出たことが批判されていますね。

そんな中、辞任会見でのため息が気になった方が多くいました。

 

 

<記者の質問にため息をつく木下富美子都議>

張り詰めた緊張の中、息が浅くなって、ため息が出たとも考えられます。

ため息って、『面倒くさ』がってるのかなという印象がありますよね。

でも実際には、辞典にこのようにかかれていました。

溜めて長くはき出す息。思い悩んだり、苦しみ、失望、落胆、安堵などしたりしたとき、思わず長くはく息。

引用:weblio辞典

ため息をつかれると、印象が悪いのですが、やっぱり会見では相当な緊張があったと考えられますね。

木下富美子都議が、ため息をつきながらの辞任会見だったので、謝罪は演技では?という声もあったのですが、実際は、緊張で息が浅くなったという可能性もありますね。

木下富美子都議についてもまとめています。

木下富美子の夫や娘など家族について調査!離婚理由についても!

次の記事の下にも関連記事がありますので、あわせてご覧ください。

木下富美子都議がため息と舌打ち|辞任会見は反省なしでおかしいの声!

木下富美子都議は、世間からのバッシングに関わらず、議員を辞めないという態度を崩さなかったですよね。

無免許運転などの規範に対する意識の低さもあり、辞任会見での態度が注目されていました。

そんな中、質問にため息、舌打ちして答えたり、内容が謝罪というより、仕方なく辞めないといけない状態になったという説明だったので、反省なしとか、おかしいという声につながっているように思います。

 

 

 

 

これだけの大ごとになっての会見なので、すごく緊張していたと思うし、体調も悪かったようなので、息が浅くなったのもわかります。

ですが、木下富美子都議を見ている人の印象は、あまりよくなかったようですね。

木下富美子都議のため息と舌打ちが目立った辞任会見は、反省なしでおかしいという印象で終わりました。

まとめ

「木下富美子都議がため息!辞任会見は演技で反省なし?おかしいの声」という内容でまとめました。

木下富美子都議がため息、舌打ちで辞任会見を行ったことに、演技で反省がない、おかしいという声もあったりました。

ため息や舌打ちは、見ている方も不愉快ですが、これだけの注目された会見で、息が浅くなっていたとも考えられます。