そうじ

お風呂のつけ置き掃除には流行りのオキシクリーンで!やり方とコツが大切

風呂

こんにちは。ゆこです。

お風呂掃除、どのように掃除していますか?

お風呂掃除って結構面倒だけど、水回りなんで、さぼると大変なことになってしまいますよね。

 

そこで、普段のお風呂掃除は手を抜きつつ、月に1回だけは頑張って掃除をしようということで、今、流行りのオキシクリーンを使ったお掃除方法をご紹介します。

お風呂のつけ置き掃除には流行りのオキシクリーンで!やり方とコツが大切、というタイトルでお伝えします。

オキシクリーンを使ったことがない方に、ぜひ参考にしてもらいたいなーと思っています。

お風呂のつけ置き掃除には流行りのオキシクリーンで!掃除のやり方

オキシクリーン日本版

最近、オキシクリーンってよく耳にすると思いますが、売られているのって量も多く、使い方もわからないということで、なかなか購入することができないとか、使い方を知ってから購入したいという方もいらっしゃると思います。

 

オキシクリーンの最大のメリットは、つけおき洗いです!

お風呂以外にも使えたりするのですが、今回はお風呂掃除に絞ってお伝えしますね。

 

オキシクリーンは、粉状のもので売られています。

液体ではないので、溶かさないといけません。

そこで用意してもらいたいのは、ボールと泡だて器です。

 

お風呂の浴槽にオキシクリーンをまぜるのですが、なかなかとけないので、先に小さい入れ物で溶かしておいて、お風呂に入れる方がいいと思います。

さらに、オキシクリーンは、60度前後のお湯を使うのがおすすめです。

私が、使ったときは、温度は高めの方が泡立ったので、混ぜる時はもう少し熱湯で泡立てて、40度から60度の貯めた浴槽に混ぜていく方が良いかもしれません。

 

お風呂にあついお湯がはれたら、溶かしたオキシクリーンをシャワーをあてながら入れていきます。シャワーをあてることで泡立つからです。

そして、その湯船に、おけやイス、お風呂のフタなど洗いたいものを漬け込んで、放置してください。

オキシクリーンでつけ置き洗いをする手順

  1. 湯舟に1/3ほど湯を張る。
  2. オキシクリーンをボールに入れ、お湯と一緒に混ぜる。
  3. しっかり混ぜるために泡だて器を使って混ぜて泡を作る
  4. 湯舟に溶かしたオキシクリーンを入れながらお湯をためる
  5. 最後にシャワーを湯舟にあててさらに泡立てる
  6. 十分に泡立て湯舟に、イス、洗面など洗いたいものを入れる
  7. 4時間以上放置する
  8. 湯舟の水を抜きながらブラシやスポンジこすり洗いをする
  9. ピカピカになります

 

また、洗い場の床も同じように掃除することができます。

排水溝に買い物袋に水をためたて縛った袋を置いて栓をします。

袋の手持ちのところは、栓を抜くときに引っ張るので、出しといてくださいね。

 

あとは、浴槽にお湯をためてオキシクリーンを溶かす方法とおなじで、お湯を張っていきます。浴槽より浅いし、溢れたら洗面所が水浸しになるので気を付けてくださいね~。

そして、溶かしたオキシクリーンを混ぜて、4時間以上そのままにした状態で待って、栓を抜きます。

 

栓を抜いた後は、デッキブラシや、お風呂用スポンジでよくこすったらピカピカになります!

オキシクリーンを使うときにはコツが大切

オキシクリーンを使うときにはコツがあるので、しっかりポイントを押さえてください。

  • つけ置きした後は、こすり洗いが必要
  • 熱湯でしっかり泡立てた方が、汚れが落ちやすい
  • 付け置く時間は4時間以上がいい

オキシクリーンは、つけおき洗いなので、つけこんだあと、流すだけと勘違いしてる方もいらっしゃいます。私はそう思っていました・・・。

ですが、つけたあとは、こすり洗いをして流さないといけません。

この、こすり洗いがするっととれて簡単なので、ぜひやってみてほしいところでもあります。

 

また、よく汚れが取れる方法として、オキシクリーンを熱湯で溶かして泡だて器で泡立てるということが重要です。

泡が汚れを浮かしてくれるので、しっかり泡立てた方が、汚れを落としやすいからです。

オキシクリーンは、アメリカ製と日本製があり、アメリカ製の方が泡立てやすいみたいです。

泡立ちは違うかもしれませんが、使い方は同じです。

それと、高温で溶かした方が、汚れがよく落ちる印象をうけました。

 

次に、つけ置き時間ですが、つけおき洗いは、ちょっと時間が必要です。4時間くらいは漬け込んだ方がいいと思います。

毎日は無理だと思うので、毎日の掃除とは別に考えた方がいいです。

ただ、月1回の掃除で、桶やイスの水垢を一個一個こすって洗うのは大変なので、

月に1回オキシクリーンを使って、つけ置きした後、水垢を簡単に落とせる状態にして掃除をした方が労力が少なくて済むと思うので、このやり方をおすすめします。

まとめ

お風呂のつけ置き掃除には流行りのオキシクリーンで!やり方とコツが大切というタイトルでおつたえしました。

オキシクリーンを使ってお風呂掃除をする方法、ステップをご紹介しました。

洗い場の掃除も同様の手順でしてもらうと、黒ズミや水垢をしっかりおとせて気持ちがいいと思います。

掃除するコツを知っていると、失敗しないと思います。

また、アメリカ版と日本版のオキシクリーンがありますが、使い方は同じなので、手に入りやすい方で試して見てくださいね。