そうじ

リビング学習で消しゴムのカスをどうしよう。簡単にきれいにする方法。

鉛筆で勉強

こんにちは。ゆこです。

よく、雑誌などでリビング学習が子供にとっていいよーって書いているものがありますが、どこで勉強していますか?

 

うちは、小学生と中学生の子供がいますが、リビング学習がいいから、リビングで宿題をしなさいというわけではなく、自分の部屋に行くのが面倒とか、自分の机が散らかってるからという理由で、ダイニングテーブルで宿題をしています。

 

そこで、困るのが消しゴムのカスです。

消しゴムのカスを簡単に取る方法をお伝えします。

 

リビング学習で消しゴムのカスを簡単に取る方法

消しゴムのカスを簡単にとる方法って、ゴミ箱に捨てるだけでしょ!

って思われるかもしれませんが、このひと手間が結構わずらわしかったりするんです。

 

なぜかというと、夕方は5分でも時間が惜しいからです。

 

私は、仕事をしており、仕事から帰ってくるのが6時、ごはんを7時に食べれるようにするためにはとにかく、無駄を省きたい。

 

ごはんの用意が終わって、テーブルを拭こうと思ったら、消しゴムのカスがあり、まずそれを集めて捨ててからテーブルを拭く作業は、ひと手間増えてちょっと嫌だなーと思っていました。

 

しかし、ついに、その煩わしさから解放されました。

それは、卓上クリーナーを購入したからです!!

卓上クリーナー上

 

これが結構な優れもので、電池で動くのですが、細かいゴミまでさっととってくれます。

この、卓上クリーナーのいいところは、わざわざゴミを集めなくていいところです。

 

卓上クリーナーを使う前は、消しゴムのカスだけ、テーブルの端に集めて、ゴミ箱をあててゴミ箱に捨てるという作業をしていました。

消しゴムのカスだけならそれでもよかったのですが、たまに、このテーブルで鉛筆を削るので、鉛筆の削りカスや、芯の黒い細かい粉が落ちているときもあり、こうなると集めるときに黒くなるので大変でした。

 

卓上クリーナーは、このちょっとした煩わしさを見事に解決してくれました。

メリットは、

  • ゴミを集める必要がない
  • 集めないので、テーブルで黒い粉が擦れて黒くならない
  • 子供でも、さっと簡単に掃除してくれる

です。

 

鉛筆の削りカスまで取ってくれるのがいいですよね。

本当に重宝しています。

下の写真のように、散らばった消しカスも集めずに、スイスイとってくれます。

卓上クリーナー消しカス

 

ですで、消しゴムのカスを簡単に取るには、卓上クリーナーを利用するのがおすすめです。

卓上クリーナーを使える場所

今は、リビングのダイニングテーブルで子供たちが勉強をしているので、リビングに置いていますが、自分の机で勉強するようになったら、一人ずつ買って、学習出机の掃除もしてほしいなーと思っています。

 

昔、自分が小学生だったころを振り返ってみると、消しゴムのカスって机の下に落としていたような・・・。

今考えると、家でそれは嫌ですよね。

 

子供たちが、消しゴムのカスを集めてゴミ箱に入れるなんて、今のところ想像できません。

 

でも、卓上クリーナーを購入してからは、ゴミとっていてーというと、卓上クリーナーを出してきて、掃除してくれるので、すごく便利です。

もっと早く買っておけばよかったと思うくらいです。

 

卓上クリーナーは小さいゴミをとるのが得意なので、消しゴムのカス以外にも、使えそうですが、長いもの、例えば毛糸などは絡まってしまうので取ることができません。

 

また、金魚を飼っていて金魚の餌をよくこぼすとか、鳥の餌の殻がかごの周りにいっぱいで困るとかの場合にも、近くにおいておくと使えます。

ただ、鳥の羽とかは詰まったり、金魚の餌が水にぬれていたりすると詰まってしまう恐れがあるので、固くてポロポロするものをとるにはいいと思います。

 

小さいホコリなどもとってくれるので、パソコン回りや、職場のデスクに一つ置くだけで、気持ちよく作業ができそうです。

まとめ

リビング学習でテーブルに消しゴムのカスがあって、とるのが煩わしい。大変。

という方に、消しゴムのカスを簡単にきれいにする方法をお伝えしました。

まとめると、

  • 消しゴムのカスや、鉛筆の削りカスは集めてとるのは大変なので卓上クリーナーを持っていると、簡単に掃除ができる。
  • こどもでも、卓上クリーナーを使ったら簡単に掃除することができるので机がきれいになる。
  • 卓上クリーナーは、消しゴムのカスだけでなく、小さくてポロポロしたものなら簡単に吸い取ってくれるので、様々な場所で使えて便利。

です。

今回はリビングで勉強している人向けに、卓上クリーナーを利用して、ダイニングテーブルをキレイにできることをお伝えしましたが、細かい屑が出るところならどこでも活用できます。

学生さんには、おすすめのお掃除道具になりますので、ぜひ使ってみてくださいね。