女性タレント

井上咲楽が昆虫を食べる理由がやばい?アイドルとして生き残る戦略か?

井上咲楽が昆虫を食べる理由がやばい?アイドルとして生き残る戦略か?

最近、企業がコオロギに着目し、商品化するようになっていますね。

その一つに、無印良品がコオロギせんべいを商品化して話題になっています。

井上咲楽さんも、昆虫食をしている一人で、なぜ昆虫を食べるのか気になります。

今回は、「井上咲楽が昆虫を食べる理由がやばい?アイドルとして生き残る戦略か?」という内容でまとめました。

井上咲楽が昆虫を食べる理由がやばい?

井上咲楽さんは、SNSなどで、昆虫を食べてる様子を紹介しています。

※注意:虫を調理して食べる動画ですので注意してください。

 

井上咲楽さんって、眉毛がトレードマークで一度みたら忘れられない顔ですよね。

最近に、眉毛をカットしてすごくかわいくなったのですが、いまだに眉毛の印象は、残像として残っています。

そんな、井上咲楽さんは、YouTubeもされています。

バグズクッキング 昆虫食&虫料理というチャンネルで、井上咲楽さんが虫を調理して食べるチャンネルです。

 

はじめ、この番組を知ったとき、とにかく世間に知ってもらうために、話題作りのためにやってる番組かなーと思っていました。

トレードマークの眉毛も、話題作りかなと思っていたからです。

アイドルに無理やり虫を食べさせるなんてやばいですよね。

 

ですが、井上咲楽さんは、ガチの昆虫好きでした・・・。

虫を素手で触るのに抵抗は全くないし、料理で虫のおなかをハサミで切ったり、料理して食べるのもすごく楽しそうです。

井上咲楽さんへのインタビュー記事です。

最初に食べたのが蜂の子だったのが良かったのかもしれません。私も「コレを食べるの?」と思ったんですが、食べてみたらおいしくて、見た目の先入観だったんだなと。それに気付いてからはガンガン食べてました。ちなみにコオロギラーメンは具としてもコオロギがのっていますが、そもそも出汁を大量のコオロギで取っています。

https://www.tfm.co.jp/garage/guest.php?id=381&no=1

井上咲楽さんが昆虫を食べる理由は、話題作りではなく、本当に好きなんですね。

スポンサーリンク

井上咲楽が昆虫を食べるのはアイドルとして生き残るため?

 

この投稿をInstagramで見る

 

井上咲楽(@bling2sakura)がシェアした投稿

井上咲楽さんは、とにかくギャップがすごいですよね。

中学時代からお笑い芸人になると宣言していた井上咲楽さんは、ホリプロタレントスカウトキャラバンのオーディションでは、コントをして受かったそうです。

眉毛があったからホリプロスカウトキャラバンで合格できたといっています。

その後も、トレードマークの眉毛を活かして、タレントとして活躍しています。

 

見た目でのインパクトがある井上咲楽さんですが、政治オタクとしても有名ですが、政治オタクになるきっかけは、番組オーディションとのことです。

実は「ワイドナショー」のオーディションを2回受けているんです。初めて受けたときに落ちたことが悔しくて、ニュース番組を意識して見るようになり、新聞のスクラップも始めました。実家では新聞をとっていないので、近所のおばあちゃんの家で下野新聞(栃木県の地方新聞)をスクラップしています。

https://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/3503

自分の進むべき方向に、まっすぐ取りくむ、努力の人なんですね。

 

井上咲楽さんが昆虫食を始めたきっかけは、蜂をたべておいしかったからということですが、眉毛をトレードマークにアイドルとして印象付け、ワイドナショーに出演するために、政治オタクになったことを考えると、昆虫食についても調べていそうですね。

 

今後、井上咲楽さんは、昆虫食について、タレントとしては、ゲテモノを食べれるアイドルとして活躍できますし、ニュースなのでの固い番組では、昆虫食について、食品ロスや食糧問題などのコメンテーターなどの仕事もできると思います。

 

井上咲楽さんが、芸能界(アイドル)を生き抜く戦略としては、すごいですね!

まとめ

「井上咲楽が昆虫を食べる理由がやばい?アイドルとして生き残る戦略か?」という内容でまとめました。」

井上咲楽さんが昆虫を食べる理由は、アイドルとして生き残るために無理やり食べているのかと思ったのですが、昆虫がおいしくて、食べているようです。

最近では、昆虫食は、食品ロスや栄養などから最近注目されています。

井上咲楽さんが、昆虫を食べるのがアイドルとして生き残るための戦略だとしたら、昆虫を食べるバラエティ番組などにも出れますし、食料問題などの、コメンテーターとしても活躍できます。

井上咲楽さんの活躍からますます目が離せませんね。