商品

ニトリ珪藻土マットの見分け方は?コースターやスプーンなど返品方法も!

ニトリ珪藻土

大手家具のニトリの人気商品「珪藻土バスマット」にアスベストが含まれているというニュースが報道されましたね。

ニトリは、近所にあって身近でお手頃なので、よく利用させてもらっています。

そんなニトリの商品からアスベストが出たとなると他人ごとではありません。

私の家の珪藻土マットを調べましたが、使用中なので、型番なんて覚えていないし、どこで買ったのかさえもうろ覚えです。

もちろんレシートは保管していないし、返金対象になるのか疑問です。

そこで、「ニトリ珪藻土マットの見分け方は?コースターやスプーンなど返品方法も!」というタイトルでまとめました。

ニトリ珪藻土マットの見分け方は?

今回のニュースで困ったのが、家の珪藻土マットがニトリのものか?そして型番がわからない、ということではないでしょうか。

家にある珪藻土マットが、ニトリの珪藻土マットかの見分け方ですが、現時点では、商品名と商品の写真がニトリのホームページにのっているので、確認するしかないと思います。

スポンサーリンク

<追記>ニトリから見分け方の正式発表がありました。

<問題がない珪藻土バスマット>

珪藻土バスマットは、長方形で溝がある形状、特殊デザインの商品、長方形で溝がないもののうち、色がグレー(GY)、ピンク(RO)の商品などは問題がないという。

<回収対象商品>

一方回収対象商品は、長方形で溝がないもののうち、色が水色(TBL)でサイズが40×55センチ、対角線のサイズが65センチ以上の商品。色が白(IV)でサイズが29×39センチ、35×45センチ、40×55センチの商品で、29×39センチ、35×45センチの商品は側面の光沢がないもの、40×55センチの商品は、対角線のサイズが65センチ以上のものとしている。

<回収対象の珪藻土コースター>

サラサラコースター RO、サラサラコースター ダイリセキ WH、サラサラコースター ネコ、サラサラコースター テラゾー STの4種類が回収対象品。いずれの商品も裏面に凸凹があるという。

ニトリHD、”問題商品”の見分け方発表 回収方法はまだ – ITmedia ビジネスオンラインより引用

 

ニトリ珪藻土マットの見分け方表

 

ニトリの珪藻土の見分け方は、まず溝などの形状をよくチェックして、当てはまりそうなら、色もチェックして、サイズも見るということみたいです。

しっかりマニュアル化しているようなので、もしわからなければ、回収方法が決定したら、ビニール袋にいれて持っていって、店員さんとチェックするということもできるかもしれないですね。→回収方法が決定しました!お店に回収コーナーが設置されるようです。

お客様相談室は、なかなか繋がりにくい状態ということなので、公式ホームページからまずチェックしたほうが良さそうですね。

ニトリホームページ

ニトリ珪藻土コースターやスプーンなども対象?

現在発表されている商品は9種類で、調査中の商品は29種類、安全が確認された商品は100種類ということです。

12月22日の発表は、新たに見つかった8製品を含め、2016年12月4日から2020年12月16日まで販売されていた計9製品241万3591個にアスベストが基準の重量比0.1%を超えて含まれていることが判明したというもの。多く販売された順で、「カイテキサラサラ バスマット 40×55」102万4273個、「カイテキサラサラ バスマット1 29×39 IV」70万3435個、「サラサラ コースター RO」34万6523個などがある。

Yahooニュースより引用

現在調査中の珪藻土商品を見てみると、バスマットだけでなく、

  • 珪藻土スプーン
  • 珪藻土コースター
  • 珪藻土ソープディッシュ
  • 珪藻土歯ブラシスタンド
  • 珪藻土マルチトライアングルバット
  • 珪藻土シューズケア
  • 珪藻土傘立て
  • 珪藻土ケアタブレット

など、多種類の珪藻土シリーズがあるようです。

安全が確認された商品の中には、

  • 珪藻土コースター
  • 珪藻土スプーン
  • 珪藻土除湿シート
  • 珪藻土枕
  • 珪藻土スティック
  • 珪藻土スプーン
  • 珪藻土歯ブラシ

などがあります。

コースターは含まれないとかスプーンは含まれないとかではなく、商品名によってアスベストが含まれる商品と含まれない商品があるようですね。

詳しい商品名は、ニトリホームページから確認したほうが確実なので、こちらからどうぞ→ニトリホームページ(自主回収のお知らせページ)

ニトリ珪藻土マットを削ったけど大丈夫?

結構長くニトリ珪藻土のバスマットを使っていて、子供と楽しみながら削ったりしていたけど、大丈夫なのか心配ですよね。

ニトリネットでお詫びと自主回収のお知らせでは、次のように書かれていました。

通常使用をしている限りは、石綿(アスベスト)が飛散するおそれはなく、健康上の問題を生じさせる恐れはありません。しかしながら、商品を削ったり割ったりした場合、また破損した際には石綿(アスベスト)が飛散する恐れがございますので、ご注意ください。

ニトリネットホームページより引用

少量でもだめなのか、含まれていた比率と量の問題もありますよね。

ニトリの対応を見ていく必要がありますね。

ニトリ珪藻土マットの返品方法は?

ニトリ珪藻土マットが家にあった場合の対処方法と、返品方法ですが、

該当商品がお手元にございましたら、直ちにご使用を中止いただきますようお願い申し上げます。つきましては、回収方法をご案内させていただくまで、商品はごみ等で廃棄せずに、ビニール袋に 2 重に入れ、テープ等で封をした上で保管をお願いいたします。

~略~

弊社より改めて回収方法について、順次ご案内をさせていただきます。

~略~

後日、該当商品を回収の上、ご交換またはご返金いたします。

ニトリホームページより引用

となっていますので、しばらくは、家にある疑いのある珪藻土商品は、ビニール袋に入れて、自宅保管し、ニトリの発表を待って、返金してもらうということになりそうですね。

お客様相談室にも電話してみましたが、2020年12月23日現在は、電話がこみあっていて、つながらない状況でした。

日を開けたらつながるかもしれませんので、心配ごとがある方は、電話で聞いてみるといいかもしれませんね。

本件に関するお問い合わせ先:株式会社ニトリホールディングス
お客様相談室 0120-209-993(フリーダイヤル)
受付時間 10:00-18:30

 

<追記>返品方法が発表されました。

同社は、全国のニトリとデコホーム全店に珪藻土回収相談カウンターを設置。店頭で商品を確認の上、交換または返金するとしている。店舗への持ち込みが難しい場合の回収方法は追って案内するという。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2012/26/news015_2.htmlより引用

お近くのお店で対応するということらしいですね。

アスベストを含む商品は、ゴミとして出すことは避けたほうがいいので、面倒だからと普通ゴミに出すのではなく、回収してもらう方がいいと思います。

一般ごみにだして、粉が舞い上がるのは避けたいですからね。

まとめ

「ニトリ珪藻土マットの見分け方は?コースターやスプーンなど返品方法も!」という内容で、調べました。

ニトリの珪藻土マットは、シンプルなものも多く、見分けるのが大変ですが、もしかしたらアプリなどで購入履歴が見れるかもしれませんね。

コースターやスプーンなどが、アスベストを含むのかどうかは、調査中のものもあるので、一度ホームページを確認するほうが確実だと思います。

返品方法は、まだ決まっていないようですが、返金もあるようなので、追加情報を待つ必要があるようです。