男性有名人

マヂカルラブリーは漫才なのか?M1(2020)上沼恵美子のコメントも!

マヂカルラブリーブログカード

M1グランプリでマヂカルラブリー(マヂラブ)が優勝しましたね。

3年前の決勝戦では、上沼恵美子さんに、酷評されて話題になった後の今回の M1だったのでプレッシャーも大きかったと思います。

マヂカルラブリーの動きだけのボケに、「マヂカルラブリーは漫才なのか」という声がありました。

今回は、「マヂカルラブリーは漫才なのか?M1(2020)上沼恵美子のコメントも!」という内容でまとめました。

マヂカルラブリーは漫才なのか?

‐ 

「マヂカルラブリーは漫才なのか?」と思った方が、SNSを見ていると多かったように思います。

なぜ、マヂカルラブリーは漫才か?なんて思うのかなんですが、おそらく「漫才なのか?」と思った人は、漫才は、しゃべくり漫才を指すと思っているからだと思います。

野田さんが体の動きだけでボケを演じるマヂカルラブリーの漫才は、“しゃべくり漫才”から見ると非常に変則的です。

日刊ゲンダイより引用

ボケを体の動きだけで表現するなんて、斬新すぎてしゃべくり漫才を見ていた人にとっては、違うものに見えたんだともいます。

そこで、漫才とは?ということを調べてみました。

通常、コンビを組んだ2人によるこっけいな掛合いで客を笑わすものを言う。

現代では一般的に、単に「漫才」というと、この「しゃべくり漫才」のことを指すが、しゃべくり漫才の登場までは音曲を用いたネタが主流だった。

シンプルな会話体を基本とすることから、演者の個性に合わせ、音曲、踊り、物真似など、ネタ中に「何をやっても許される[」自由な演芸形式となっている。

Wikipediaより引用

Wikipediaから抜粋してきたんですが、漫才は、しゃべくり漫才もあるのですが、基本は、自由な形態での芸ということになるので、マヂカルラブリーは、しゃべくり漫才というわけではなさそうですが、漫才になるのではないでしょうか。

漫才には、いろいろな種類があるようで、

  • 音曲漫才(俗曲漫才、語りもの漫才、歌謡漫才、曲引き漫才)
  • 踊り漫才(仕草漫才、寸劇漫才、身振り漫才、仮装漫才)
  • しゃべくり漫才(掛け合い漫才、ぼやき漫才)

などがあるようです。

いろいろな漫才の種類があるんですね。

漫才は、しゃべくり漫才だけではないので、今回の マヂカルラブリーは漫才なのか?に答えるとすると、私は漫才だと思います。

スポンサーリンク

マヂカルラブリーへM1(2020)上沼恵美子のコメントは?


マヂカルラブリーの漫才が終わったあとの審査員のコメントで、マヂカルラブリーから、早くあの人の声が聞きたい!と上沼恵美子さんを示唆する発言が。

3年前にマヂカルラブリーがM1に出場して、辛口コメントだったのが炎上してしまったので、上沼恵美子さんのコメントには、注目が集まりましたね。

<上沼恵美子さんのコメント>
三年前?何にも覚えていない。全然。関係者に聞いて先程知った。ごめんねーって謝る気もないけど。あんたらアホやろ?ほんとに、バカバカしいやろ!おもしろいよなー!バカバカしさが突き抜けるいうのはもう芸術や。3年前の出来事はごめんごめん。ほんとに、良かったと思う。もしも、お金で済むことがあったら謝るわよ。

大阪弁は、文字にするときつくなりますね。大阪弁でアホやろ?というときは、親しみを込めてる場合が多いです。

 

上沼恵美子さんの芸風からいって、3年前に「よう決勝残ったな、思って」という発言は、芸風を知らない人は、引くかもしれませんが、「もうちょっと頑張っといで!よう決勝残ったな。今回はだめや!期待している!」という意味だったと思います。

だから、炎上したことは、かなり気にされていたのか、今回のコメントでは、「ごめんね」を連発していましたね。

まとめ

「マヂカルラブリーは漫才なのか?M1(2020)上沼恵美子のコメントも!」という内容でお伝えしました。

マヂカルラブリーは漫才なのか?と疑問に思う方も多かったですよね。

ボケが喋らない新しい漫才でしたよね。

上沼恵美子さんのコメントも注目されていましたが、3年前のM1での辛口コメントから、しっかり這い上がって優勝したことがすごいですよね。

これから、テレビで見ることが多くなりそうですね。