政治

小此木八郎の学歴(大学や高校)がやばい!政治家を目指すきっかけも!

小此木八郎の学歴(大学や高校)がやばい!政治家を目指すきっかけも!

横浜市長選挙出馬で、小此木八郎氏が注目されていますね。

自民党で掲げていた政策と反対の政策を主張しての出馬になりますので、小此木八郎さんも色々と考えた結果の出馬になったと思います。

そこで、小此木八郎さんについて調べました。

「小此木八郎の学歴(大学や高校)がやばい!政治家を目指すきっかけも!」という内容でお伝えします。

小此木八郎の学歴(大学や高校)がやばい!

小此木八郎氏の学歴について調べました。

小此木八郎氏は、横浜市出身で、高校は、玉川学園高等部大学は、1989年に、玉川大学文学部英米文学科理財専攻を卒業しています。

玉川学園高等学部の偏差値を調べてみると、59でした。

アタマは悪くはないですが、東大に入れるレベルかと言えばそうでもなさそうですね。

大学は玉川大学で、高校と同じ系列の大学に進学していることから、内部進学がありそうですね。

なので、どちらかと言えば勉強をしっかり頑張るというよりは、受験もそこそこに、のびのびとした学生生活を過ごしたのではないでしょうか。

高校では野球部に所属し、大学ではピッチャーで首都大学リーグの春と秋に優勝をしています。

玉川高校や大学は、学費が高いのでお金持ちの学校と評判らしく、学食も他の大学より倍もするらしいという情報もありました。

小此木八郎氏の実家は、政治家の資産家ですから、お金持ちの高校や大学に進学し、野球部でのびのびと学生生活を送られたと考えられますね。

小此木八郎氏の家族についても別記事でまとめています。小此木八郎は嫁と離婚で息子は?家族(父・母)と評判についても!

同じ玉川大学を卒業した方でいうと、薬師丸ひろ子さんや千葉雄大さん、DAIGOさんなどビッグな方がいるようです。

DAIGOさんは、元総理大臣の竹下登さんの孫なので、やっぱり金持ち学校なんだーと卒業生を見てもわかりますね。

スポンサーリンク

小此木八郎が政治家を目指すきっかけ!

小此木八郎氏は、高校や大学は野球部で青春を謳歌したようですが、なぜ政治家になったのか気になります。

やっぱり、父の姿を見ていたからか、それとも政治家一家は政治家になるのが当たり前なのか?

調べてみると、小此木八郎氏ご自身の体験から政治家を目指そうと決意したようです。

5歳の時に変形性股関節炎にかかり1年半病院に入院。この時のつらかった経験をもとに政治家を志す。

http://www.kantei.go.jp/jp/daijinmeibo/9910jikan/07okonogi.html

 

小此木八郎氏は、この体験が関係しているのか否か、骨髄移植のドナーになっています。

また、若者への政治メッセージとして、バンドGi!nz(ギインズ)というバンドを組みコンサートをしていて、その収益は、骨髄移植推進財団へ寄付をしています。

 

たくさんの幅広い政治活動のなか、政治家を目指すきっかけとなった思いは果たせているのか、今後の活動も気になりますね。

横浜市長選に出馬んする林文子氏についてもまとめています。林文子の経歴や評判がヤバすぎる!家族(旦那や子供)についても!

林文子氏の経歴がすごすぎてびっくりしました。販売の仕事をしている人は、参考になるかもしれません。

小此木八郎の学歴(大学や高校)がやばい!政治家を目指すきっかけも!まとめ

「小此木八郎の学歴(大学や高校)がやばい!政治家を目指すきっかけも!」という内容でまとめました。

小此木八郎氏の学歴は、秀才エリートコースというわけではなく、野球部で青春を謳歌し、のびのびと自分のしたいことに邁進できる学生生活を送ったようです。

政治家を目指すきっかけは、5歳の時の入院だそうですが、政治活動として、骨髄移植のドナーになるなど、様々な取り組みをされていました。

今後の活動も目が離せませんね