商品

AirTag|対応機種は?androidで使えず代用品を調査!

AirTag|対応機種は?androidで使えず代用品を調査!

appleの落とし物トラッカーAirTagが、発売することが決まりましたね。

忘れ物トラッカーということで、本来の目的は、忘れ物防止や失くしたものを見つけることなんですが、他にもいろいろ使えそうです。

例えば、

  • 未就学児の兄弟が何人かいて、目を離した隙に迷子になるのではないかと不安。
  • 犬や猫が家から脱走した時に便利そう。
  • バイクや自転車の盗難防止や、駐車場の位置確認に便利そう。

など、様々なものに応用できそうです。

でも、対応していない機種だと購入し手も無駄になりますよね。

そこで、「AirTags|対象機種は何?androidで使えず代用品を調査!」という内容でまとめました。

AirTag|対応機種は何?androidで使える?

AirTagが使えそう!欲しい!と思っても、持ってる機種が対応機種でなかったら、元も子もないですよね。

AirTagで失くしたものを見つける機能を使うとき、残念ながらandroidユーザーは使えません。

(ただし、NFC機能を搭載したandroidユーザーが見つけたときは、持ち主に通知することができます。)

appleの製品なのでiPhoneが対応機種となるのですが、対応していない機種もあります。

以下は公式ホームページに掲載された対応機種(使える機種)です。

「正確な場所を見つける」機能に対応するデバイス:

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max

https://www.apple.com/jp/airtag/

 

iPhone11以降は、正確な場所を見つけるためのU1チップが搭載されています。

このU1チップが高性能で、大体の場所をお知らせするのではなく、近くに来たら音で特定できるんです。

だから、このチップが入っていない機種は対応していないことになります。

「リビングのどこかにある」というような探し方ではなく、「リビングのここ!」という探し方が可能ってすごいですよね。

スポンサーリンク

AirTagの代用品(類似品)は?

androidユーザーや対応機種を持っていない方は、AirTagを使えないので、代用品(類似品)があったらなーと思いますよね。

iPhoneを持っていても、機種によってはAirTagを使えないので、そんな方も代用品(類似品)があるのか気になるのではないでしょうか?

色々とあったんですが、2つ紹介します!

AirTagの代用品「Tile」

AirTagの代用品でおすすめなのが、「Tile」です。

Tileは、iPhoneユーザーだけでなく、androidユーザーも使えてアプリをダウンロードして使います。

もともとapple社がAirTagを発売する前から、探し物ツールはTileが開拓した分野として使われていた商品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tile Mate (2020) 電池交換版
価格:2480円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

 

値段も安く、コンパクトですよね。

GPSではなく、最後に失くしたものとスマホが離れた場所を特定する仕組みのようです。

すごい便利ですよね!

薄いカード式があるのがいいですね。

 

AirTagの代用品チポロ(Chipolo)

他には、チポロ(Chipolo)という商品もあります。

チポロは、AirTagと同じように、失くしたものを見つけるためのもので、小さくてキーホルダーみたいにつけれるし、すごく便利です。

鍵やスマホなど、普段使っているけど、無意識にどこかにおいてしまって、毎回探している人には、かなり重宝しそうです。

チポロが検知できる距離は、60mで、それ以上は慣れれるとお知らせしてくれます。

探し物が60m以上離れると、最終の場所を記録してるので検索することができます。

 

 

Tileとよく似ていますね。

AirTagはお子様の年代によって使い分けるのが便利!

AirTag|子供の見守りに使うおすすめ方法!サイズや電池についてはこちら!

まとめ

AirTagの対応機種は、iPhone11以降で、androidでは見つける機能を使うことができません。

代用品(類似品)には、Tileやチポロ(Chipolo)という商品がありました。

鍵やスマホを無意識にいろいろな場所に置く癖がある方は、ぴったりですね!