女性タレント

日本アカデミー賞の司会者はなぜ韓国人のシム・ウンギョン?評判も!

日本アカデミー賞の司会者はなぜ韓国人のシム・ウンギョン?評判についても!

第44回日本アカデミー賞(2021)の授賞式が、2021年3月19日に放送されましたね。

たくさんある作品と、たくさんいる俳優の中から、アカデミー賞として選ばれるのは、本当にすごいことですよね。

アカデミー賞は、受賞者はもちろん注目が集まりますが、司会者も注目すべき方ですよね。

今回SNSでも話題になっている司会者についてまとめました。

「日本アカデミー賞の司会者はなぜ韓国人のシム・ウンギョン?評判についても!」という内容でお伝えします。

日本アカデミー賞の司会者はなぜ韓国人のシム・ウンギョン?

日本アカデミー賞の授賞式が放送されて、話題になっていますね。

今回(2021年)の日本アカデミー賞の司会者は、韓国人のシム・ウンギョンさんが務めることになりました。

日本で行われている賞なのに、なぜ韓国人が司会なのか疑問に思う方も多いようです。

 

確かに、日本アカデミー賞とあるので、日本の賞というイメージがありますよね。

ですが、日本アカデミー賞の司会者は、選び方にルールがあるそうなんです。

 

シム・ウンギョンさんは、「新聞記者」という映画で、日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞されています。

日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞されたかたが、翌年の日本アカデミー賞の司会をすることが、慣例になっています。

そのなかで、韓国人だからはずというのは、逆におかしいですよね。

 

シム・ウンギョンさんは、2020年には、「七人の秘書」でドラマ出演もはたしていて、2021年4月9日公開の「椿の庭」にも出演しています。

これから楽しみな女優さんですね。

まじめな性格で、日本語もすごく勉強しているようです。

日本語って、日本人でも難しいですから、海外の方が勉強するのって難しいですよね~。

インタビューでは、自分の言葉で伝えるための努力をしていて、まじめさと謙虚さを持ち合わせた人なんだろうなーと思いました。

「日本で仕事をして感じたのは『韓国だから、日本だから』という違いはないことです。俳優という仕事は、気持ちが大事だと思います。

見る人に伝わるということが大事なのであって、韓国も日本も世界も変わらないと思います」と、どの国でも俳優業において取り組む姿勢は変わらないという。

https://www.oricon.co.jp/news/2186896/full/

まじめで謙虚な姿勢が、演技につながり、日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞することにつながったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

日本アカデミー賞の司会者(シム・ウンギョン)の評判は?

日本アカデミー賞の司会者(シム・ウンギョン)さんの評判を調べてみました。

日本アカデミー賞の司会者が、日本人ではないということに、違和感を感じる方もたくさんいたようですが、シム・ウンギョンさんを知らない方の感想のようですね。

シム・ウンギョンさんの過去の作品をみてファンになった方も多くいました。

頑張り屋さんな人柄を応援している人も多いなーと思いました。