政治

森山裕の学歴は高卒のたたき上げ?苦労人の生い立ちと評判も!

森山裕ブログカード

鹿児島県の森山裕(ひろし)国対委員長が注目されていますね。

菅義偉官房長官の総裁選の真っただ中に、森山裕(ひろし)国対委員長と二階俊博幹事長、林幹雄幹事長代理が東京都内で会談しています。

今後の政治日程を確認したということですが、菅義偉官房長官と森山裕(ひろし)国対委員長は、同じたたき上げの政治家ということもあってか、厚い信頼があり、もしかしたら、重要ポストにつくということもあるかもしれません。

この記事では、森山裕(ひろし)国対委員長の学歴や、政治家になる前の生い立ちについてまとめたいと思います。

  • 森山裕国対委員長の学歴は高卒?
  • 森山裕国対委員長の生い立ちは?
  • 森山裕国対委員長の評判は?

ということで、お伝えします。

森山裕(ひろし)国対委員長の学歴は高卒?

森山裕国対委員長の最終学歴って気になります。

学歴がすべてではないです。

ですが、国の大きな仕事をするからには、膨大な資料や文献の理解が必要になるし、様々な判断能力も必要なので、大学を出ている人が多いですよね。

森山裕国対委員長は、高卒ということで、どこの高校か調べました。

 

1965年に鹿児島県立日新高校を卒業されています。

 

男女共学の公立高校普通科の定時制高校(夜学)に通っていました。

生徒数は約200名ほど。

その苦学生が政治家になるなんて!!

森山裕国対委員長の生い立ち、気になりますね~。

スポンサーリンク

森山裕(ひろし)国対委員長の生い立ちはとたたき上げの経歴

森山裕国対委員長は、最終学歴が定時制高校(夜学)という珍しい経歴を持った政治家ですね。

定時制高校というだけでも、苦労人のイメージですね。

では、生い立ちをまとめますね。

 

1945年4月8日に、鹿児島県 鹿屋市に産まれました。

第二次世界大戦末期に、空爆の激しい防空壕の中で生まれたそうです。

 

実家は、新聞販売店なので、政治家の息子とかではなく、一般の家庭です。

実家の手伝いで、小学校、中学時代は、毎朝新聞配達を頑張って、

高校は、鹿児島市内で就職をし、昼間仕事をしながら夜間の高校に行っていたそうです。

 

卒業後は、大学に進学していません。

経歴をまとめてるサイトに、1969年ホンダモーターモリヤマ社長とありました。

中古車販売業を立ち上げているみたいです。

ホンダモーターモリヤマ 鹿児島と検索すると、今でも会社としてはありました。

 

どなたかが、引き継いだのかもしれませんね。

定時制高校卒業後に、会社設立!

実行力ありますね。

 

その後の経歴

1975年4月鹿児島市議会議員
1998年7月参議院議員
1998年8月自民党労政局、報道局次長
2002年10月財務大臣政務官
2004年4月衆議院議員(補選)
2005年8月自民党離党
2006年12月自民党復党
2007年8月財務副大臣
2007年9月財務副大臣(福田内閣、再任)
2009年10月自民党地方組織・議員局長
2010年9月自民党経理局長
2012年10月自民党地方組織・議員総局長
2012年12月衆議院農林水産委員長
2015年10月農林水産大臣(第3次安倍改造内閣)
2016年8月自民党政務調査会長代理
2017年8月自民党国会対策委員長
2019年9月兼自民党TPP・日EU・日米TAG等経済協定対策本部長

時事ドットコムニュースより引用

1975年の市議会議員から政治家としての第一歩が始まります。

現在75歳です。

 

7期連続当選し23年間続けるということは、地元の信頼が厚いんですね。

鹿児島のことは、知り尽くしていますね。

 

地方の、新聞配達販売店の子が、定時制高校を卒業後、市議会議員になり、大臣にまで上り詰めるという、まさしくたたき上げの政治家!

生い立ちがすごいです!

伝記になりそうです。

森山裕(ひろし)のプロフィール

名前 森山裕(ひろし) 裕はネの点が付かない方です。
生年月日 1945年4月8日生まれ
小学校 鹿屋市立古江小学校
中学校 鹿屋市立花岡中学校
高校 鹿児島県立日新高校(旧鹿児島県立鶴丸高校・夜間課程)
好きなことば 一日一生
所属 自民党

 

森山裕(ひろし)国対委員長の評判は?

森山裕(ひろし)国対委員長についての評判をまとめました。

Twitter上での評判をまとめたんですが、鹿児島では、かなり荒れてますね・・・。

ですが、当選回数を見る限り、地元への貢献度も大きかったはず。

まとめ

森山裕(ひろし)国対委員長の学歴は高卒でたたき上げか?ということに関しては、まさしくその通りでした。

高卒というだけではなく、夜間の定時制高校に通い、昼間は働いていました。

森山裕(ひろし)国対委員長の生い立ちは、一般家庭の子が、今では、国政で官房長官と対談までするようになるなんて、すごいことですね。

現在の森山裕(ひろし)国対委員長の評判は、荒れていましたが、長年、培った政治力で、良い方へ導いてもらいたいと思いました。