男性有名人

よしひろまさみちの経歴【wiki】オネエで映画ライターの評判も!

よしひろまさみちの経歴【wiki】オネエで映画ライターの評判も!

映画ジャーナリストで編集者のよしひろまさみちさん。
朝の情報番組「スッキリ」に出演しているのを、見た方も多いのではないでしょうか?

今回は、よしひろまさみちさんの経歴【wiki】について調べました。
オネエで映画ライターの評判についても調査!

よしひろまさみちの経歴【wiki】

よしひろまさみちさんの経歴をみると、芸術が好きな方という印象を受けます。

 

よしひろまさみちのwiki風プロフィール

名前 よしひろまさみち
誕生日 1972年10月21日
年齢 49歳(2021年12月現在)
出身 東京都新宿区
職業 ライター・編集者
会員 日本映画ペンクラブ
日本アカデミー賞
高校 東京都立広尾高等学校
大学 法政大学文学部教育学科心理学コース
専門学校 山野愛子美容学校通信教育科
趣味 音楽鑑賞・観劇・旅行

 

音楽鑑賞や観劇が趣味で、中学~高校時代には歌舞伎の追っかけをしていました。

よしひろまさみちさんは、芸術が好きで映画を沢山観ていたと考えられます。

映画を観るようになったきっかけは、両親が共働きだったという所にあるようです。
また学校でのいじめもあり、映画館に通うようになりました。

映画館は、よしひろまさみちさんの居場所だったのですね。

映画は一人で楽しむことができるので、寂しい時に行くことがあります。

心がほっこりしたり、映画の世界に入って冒険したりして楽しめる娯楽です。
よしひろまさみちさんにとって、映画館が遊び場だったと考えられます。

よしひろまさみちさんは映画の評論を、主に行っています。
よしひろまさみちさんのコメントは、分かりやすくシンプルなのが特徴です。

「君といた108日」という映画に対しての、コメントがありました。

■ よしひろまさみち(映画ライター)コメント こんなベタな話が実話? しかも人気シンガーの体験だなんて……。 なにかと不安のつきまとう今必要なのは、これくらいド直球の感動作よね。涙で心を洗い流して。

公式HP映画ナタリー

心に寄り添ってくれるようなコメントですよね。
実話のラブストーリーなのですが、映画の内容も簡潔に書いてあります。

ジャンルは感動作と表現されていますよね。
ジャンルがわかると、映画を観に行くかどうかの基準になるので助かります。

また、「涙で心を洗い流して」という文が素敵!
悲しいことがあった人が、観に行こうかなと思う一文です。

短い文章ですが、よしひろまさみちさんの分はわかりやすい。
内容・ジャンル・観て欲しい人が書かれていて、人間味のある文章になっています。

つい、「君といた108日」という映画を観てみたいなぁと思ってしまいました。

コメントを見ていると、少しオネエっぽい口調だと感じますよね。
よしひろまさみちさんの経歴【wiki】には、山野愛子美容学校卒業とありました。

現在の職業はライターですから、メイク等の勉強は関係がないですよね。
よしひろまさみちさんが、オネエという世間の評判が気になります。

よしひろまさみちさんの経歴から、芸術が好きな方という印象を受けました。

では、よしひろまさみちさんがオネエという評判について詳しくご紹介します。
映画評論家としての評価についても注目しました。

オネエで映画ライターの評判も!

ツイッターでは、よしひろまさみちさんを見てオネエと思った人が多く見られます。

 

 

この方は5秒見ただけで、オネエだと感じたようです。

よしひろまさみちさんは、ゲイだとカミングアウトしています。

ですが、ゲイはオネエとはまた別の話ですよね。
よしひろまさみちさんは、ゲイバーで働いていたこともあります。

ですから、接客としてオネエ言葉を身に着けている可能性もありそうです。

また、映画ライターとしての評価は面白いという意見がありました。

 

 

よしひろまさみちさんの様にオネエ目線で映画を紹介する人は、あまりいませんよね。

世間は、よしひろまさみちさんを映画ライターとして面白いと感じているようです。

よしひろまさみちさんは、オネエで映画ライターの評判は面白いでした。

まとめ

よしひろまさみちさんの経歴【wiki】は、芸術が好きな方という印象。
映画館は、幼い頃よしひろまさみちさんの居場所でした。

ツイッターでは、よしひろまさみちさんを見てオネエと思った人が多く見られます。
映画ライターとしての評価は面白いという意見がありました。

よしひろまさみちさんの映画コメントを読んでいると、映画が観たくなってしまいます。
これからも面白い切り口の映画紹介を、楽しみにしていきたいですね。