芸人

ジャルジャルのネタ作り担当はどっち?キングオブコントのネタの評判は?

ジャルジャルカード

キングオブコント2020は、ジャルジャルが優勝しましたね!!

決勝4回目で悲願の優勝を果したジャルジャルは、これからテレビで大活躍するのではないでしょうか。

コントって、やっぱりネタ作りが大切です。

ここまで、上り詰めるまでに、大変な苦労があったはず。

そんなコンビにとっても要となるネタって、どっちが考えているのか気になりますよね。

また、今回披露されたネタって、他の人はどういう反応だったか、知りたいと思いませんか?

そこで、「ジャルジャルのネタ作り担当はどっち?キングオブコントのネタの評判は?」と題しまして、お伝えしていこうと思います。

ジャルジャルのネタ作り担当はどっち?

ジャルジャルのネタ作りは二人でこもって、誰もいない環境で作っているそうです!

誰かがいると、照れくさくて、考えられなくなるようです。

 

他の芸人さんで、コンビを組んでいる人は、ネタの作り方って、それぞれですよね。

例えば、オードリー春日さんは、全くネタを考えないと言ってたのを聞いたことがあります。

南海キャンディーズの静ちゃんと山ちゃんも、ネタは山ちゃんが担当してたと言います。

 

ネタを考えるのって、本当に大変だと思いますが、ジャルジャルさんは2人で考えるから、それだけコミュニケーションをとっているということですよね。

 

ネタは、ネタ作りするぞと決めたら、いっぺんにたくさん意見をだして、たくさん考えてしまうようです。

タイトルだけ忘れないように、メモにかいて、それに関する内容をたくさん出し合うという作り方をしてるそうです。

だから、タイトル決めて、原稿用紙にはじめから書いていくっていう感じではないようですね。

かっちり、台本を作ってしまわないんですね~

台本がないので、脱線してそれていくこともよくあり、脱線して盛り上がったら、そっちが本ネタになっていくようです。

 

プロの仕事してますね~!!

感覚でするってすごいですよ~。

 

コンビ結成当初から、台本を決めずに大枠を決めてするというのを続けているらしく、場の雰囲気で、作っていくネタになるので、後藤・福徳ペアにしかできないネタだということですね。

コンビ愛を感じます!!

 

日常の空間にあるオモシロ要素を、ネタにしていくスタイルなんですが、そのオモシロ要素に気づくのがセンスを問われるところですよね。

 

何気ないところからアイデアが出てくるって、視点を色々変えて見れるってことだから、私も見習いたいなーと思いました。

 

<結論>

ジャルジャルのネタ作りは誰がする?

答え)2人で台本を決めずに、アイデアを出しながら、やってみる

でした。

スポンサーリンク

キングオブコントのネタの評判は?

このネタは、面白いという評判と、面白くないという評判が、かなり分かれていました。

コントのネタは、台本がなく、脱線することもあるということが分かって、見ていたら、これって、アドリブ感がすごいなーとか、色々な意味で楽しめました。

このネタ、かなりの高評価ですよね。

1000本中の中で、キングオブコントに選んだ一本です!

二人の掛け合いが絶妙ですよね。

もし、バラエティにでても、2人で司会とか、かなり面白そうですよね。

場を作っていく、2人の絆がすごいなと思います。

まとめ

「ジャルジャルのネタ作り担当はどっち?キングオブコントのネタの評判は?」というタイトルでお伝えしました。

ジャルジャルのネタ作りは、どちらかが担当するのではなく、タイトルを決めて、どんどんコントを実際にやって決まっていくということでした。

ですので、かっちりとした台本はなく、場の雰囲気と二人の掛け合いを大切にするコントだと思います。

キングオブコントのネタの評判は、面白いという人と、面白くないという人が2分していました。

これから、ジャルジャルを見る機会が増えて、こんな感じの人ってわかったら、面白みが増す、そんな二人の個性が全面に出るコントだと思いました。

今後の活躍も応援しています。