男性有名人

母影(尾崎世界観)の感想や評判は?作品のモデルやあらすじも!

母影(尾崎世界観)のタイトルカード

尾崎世界観さんが、「新潮」12月号で発表された「母影」(おもかげ)で芥川賞候補にノミネートされて、話題になっていますね。

尾崎世界観さんといえば、クリープハイプというバンドで知っている方も多いとは思いますが、小説の才能も着々と頭角をあらわして来ましたね!

今回、尾崎世界観さんの「母影」が芥川賞候補になったことで、小説を買ってみようと思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが、「母影」の感想や評判ですよね。

「母影(尾崎世界観)の感想や評判は?作品のモデルやあらすじも!」という内容でまとめました。

母影(尾崎世界観)の感想や評判は?

芥川賞候補になったということで、母影(おもかげ)という作品を一度読んで見たいと思いますよね。

今回の受賞で、有名人の忖度があったのではないか?という噂もありますが、それでも、やっぱり作品として価値があったから選ばれたんだと思います。

そこで、母影(尾崎世界観)の感想や評判を集めてみました。

今回の受賞が忖度だと言う声もあるのですが、実際に読んだ方は、「母影」が面白いという声が多かったです。

細かい描写が特徴で、イメージしやすくリアルに感じられる作品という声がありました。

今回、評判ということで考えると、母影(尾崎世界観)は、繊細な描写が、リアルさを実感できて面白いという声がありました。

スポンサーリンク

母影(尾崎世界観)の作品のモデルって誰?

母影(尾崎世界観)の作品のモデルって気になりますよね。

「母影」の主人公は、母子家庭で育った小学生の女の子です。

普段からバンド活動を通して、自分の言葉と声を使った表現をしているので、今の自分とはかけ離れた人間の声や言葉に興味がありました。

~略~

さらに作品について「小学生の女の子の視点で、わからないからわかる、書けないから読める、そんな感覚を書きたいと思いました」と明かし「この作品を読んだ父親からも『そういえばこんな子供だったね』という感想をもらって、つくづく、ちょっと変わった変な子供で良かったと思いました」とコメントした。

日刊スポーツより引用

「これを見ると、ご自身の小学生の時の体験がモデルになっているようですね。

そう考えると、母影というくらいだから、やっぱり尾崎世界観さんの母が、少なからずモデルになっている可能性は高いですね。

母影(尾崎世界観)のあらすじは?

主人公は小学校低学年の女の子。母子家庭で育った彼女は、学校に友達がおらず、放課後の時間をもっぱら母親の働くマッサージ店の空きベッドで過ごしている。カーテンの向こうでお客さんを施術して「直してあげる」母親は、昔は女性客の相手もしていたはずなのに、次第に店に来るのがおじさんばかりになってきて……。

尾崎世界観がコ■ナ禍で書き上げた渾身の中篇小説「母影(おもかげ)」を、新潮12月号に一挙掲載!:時事ドットコム (jiji.com)より引用

少女からみた世界を描いた作品ということで、視点が面白いですよね。

男性であり、大人である尾崎世界観さんが、少女からみた視点や感情を表現するってすごいですね。

芥川賞の選考会は、1月20日に東京都内であるようです。

楽しみですね。

まとめ

「母影(尾崎世界観)の感想や評判は?作品のモデルやあらすじも!」

母影(尾崎世界観)は、細かい描写でリアルに頭の中で映像化できるのがいいという感想が多かったです。

作品のモデルは、子供の頃の自分や、母親のこともモデルにして書いたというのも十分考えられますね。少女から見た世界を表現しているのがすごいです。

芥川賞の受賞がたのしみですね。