女性有名人

宇佐見りんの高校・大学は慶応?芥川賞【推し、燃ゆ】のエピソードと口コミも!

宇佐見りんの高校・大学は慶応?

 

芥川賞が発表になるまで、ドキドキしましたね。

加藤シゲアキさんの「オルタネート」や尾崎世界観さんの「母影(おもかげ)」なども話題になっていましたが、最終的に決まったのは、宇佐見りんさんでしたね。

宇佐見りんさんは、大学在学中に、「かか」という作品で文藝賞、三島由紀夫賞を受賞し、今回の「推し、燃ゆ」では、芥川賞まで受賞するなんて、すごいですよね。

そこで、「宇佐見りんの高校・大学は慶応?芥川賞【推し、燃ゆ】のエピソードと口コミも!」と言う内容でまとめました。

宇佐見りんの高校は?

宇佐見りんさんは、中学の頃は演劇部に所属し、高校から小説を書き始めたそうです。

宇佐見りんさんが、通っていた高校は、中高一貫校で卒業には卒論を提出する必要がある学校みたいです。

大学で卒論を提出するのはよくあることですが、高校でも提出するのはあまりないので、私立の学校かもしれませんね。

宇佐見りんさんの出身高校は公表されておらず、高校名まではわかりませんでしたが、ネット上では、中学に演劇部があり、卒論の提出が必要な高校は、慶應義塾の中高一貫校の、慶応義塾高校の可能性が高いのではないか?とありました。

宇佐見りんの大学は慶応?

宇佐見りんさんの大学も気になります。

ネット上では、宇佐見りんさんの大学は、慶応義塾大学なのでは?という噂があります。

これは、宇佐見りんさんが、中学、高校は、慶應義塾高校に通っていたのでは?という噂から、もし、中学、高校が慶應義塾なら、大学も慶応大学なのでは?と言うところから噂が広まったようです。

宇佐見りんさんは、小説のデビューが大学1年生で、大学在学中に、今回の芥川賞を受賞、文藝賞や、三島由紀夫賞など、賞を何個も受賞されています。

大学は、国文学を専攻で、成績は絶対にトップでしょうね!

宇佐見りんが芥川賞受賞した【推し、燃ゆ】のエピソード

受賞作の「推し、燃ゆ」は、学校にも家庭にもなじめずに生きづらさを抱えながら、「推し」と呼んでいる男性アイドルを応援することを心の支えにしている女子高校生が主人公の物語です。

「推し」がファンを殴ったという事件を最終的に決まったのは、宇佐見りんさんでしたね。

 

宇佐見りんさんは、大学在学中に、「かか」という作品で文藝賞、三島由紀夫賞を受賞し、今回の「推し、燃ゆ」では、芥川賞まで受賞するなんて、すごいですよね。

 

 

そこで、「宇佐見りんの高校・大学は慶応?芥川賞【推し、燃ゆ】のエピソードと口コミも!」と言う内容でまとめました。

 

宇佐見りんの高校は?

第164回芥川賞 宇佐見りんさん『推し、燃ゆ』の受賞が決まる #芥川賞 #文春オンラインhttps://t.co/ieGABabu6A

 

— 文春オンライン (@bunshun_online) January 20, 2021

 

 

宇佐見りんさんは、中学の頃は演劇部に所属し、高校から小説を書き始めたそうです。

 

宇佐見りんさんが、通っていた高校は、中高一貫校で卒業には卒論を提出する必要がある学校みたいです。

 

大学で卒論を提出するのはよくあることですが、高校でも提出するのはあまりないので、私立の学校かもしれませんね。

 

宇佐見りんさんの出身高校は公表されておらず、高校名まではわかりませんでしたが、ネット上では、中学に演劇部があり、卒論の提出が必要な高校は、慶應義塾の中高一貫校の、慶応義塾高校の可能性が高いのではないか?とありました。

 

宇佐見りんの大学は慶応?

宇佐見りんさんの大学も気になります。

 

ネット上では、宇佐見りんさんの大学は、慶応義塾大学なのでは?という噂があります。

 

これは、宇佐見りんさんが、中学、高校は、慶應義塾高校に通っていたのでは?という噂から、もし、中学、高校が慶應義塾なら、大学も慶応大学なのでは?と言うところから噂が広まったようです。

 

宇佐見りんさんは、小説のデビューが大学1年生で、大学在学中に、今回の芥川賞を受賞、文藝賞や、三島由紀夫賞など、賞を何個も受賞されています。

 

大学は、国文学を専攻で、成績は絶対にトップでしょうね!

 

宇佐見りんが芥川賞受賞した【推し、燃ゆ】のエピソード

受賞作の「推し、燃ゆ」は、学校にも家庭にもなじめずに生きづらさを抱えながら、「推し」と呼んでいる男性アイドルを応援することを心の支えにしている女子高校生が主人公の物語です。

 

「推し」がファンを殴ったという事件をきっかけに、推しを失った心の痛みなど繊細な心理描写が描かれています。

 

宇佐見りんさんが芥川賞を受賞した「推し、燃ゆ」についての、インタビュー記事がありました。

 

たとえば、あかりはいろんなことがうまくいきません。

部屋が汚いしバイトはクビになってしまう。そういう自分が誰かに丸ごと受け入れられることを、あかりは望みません。

自分を認めてほしい、見てほしいという思いすら起こらないほど、自分で自分のことが許せないからです。

推しは自分を愛してくれる存在にはなり得ないですが、否定はされないんですよね。「あなたはダメだ」とは言ってこない。

見限られて、離れていくこともない。

ある程度の距離がありつつ、その関係性は消滅しないまま、どこかに存在してくれる。その存在に勇気づけられるという意味で、愛情が返ってこない距離が救いになるんです。

https://book.asahi.com/article/13923624

 

このインタビューを見て、推しは自分を愛してくれる存在にはなり得ないけど、否定されないというのが、印象的でした。

他人との関係って誰もが悩む問題ですよね。

 

-宇佐見さんご自身、生きづらさを抱えていて、文学に救われたという思いがあるのでしょうか?-

そうですね。色々と難しかった時期は、中上健次さんと村上龍さんの小説を読んでいました。本を読んだところで現実は変わりませんが、文学のなかに現実の手触りがあり、安心することがあります。

https://book.asahi.com/article/13923624

 

宇佐見りんも、生きづらさに直面したとに、小説の中から、生きるヒントをもらっているんですね。
人との関係性において悩んでいる人は、「推し、燃ゆ」よんで、共感できたり、何かヒントをもらえるかもしれませんね。

created by Rinker
河出書房新社
¥1,540
(2022/07/03 05:59:24時点 Amazon調べ-詳細)

宇佐見りんが芥川賞受賞した【推し、燃ゆ】の感想

 

 

 

 

 

共感できるって読んでいてもおもしろいですよね。

まとめ

「宇佐見りんの高校・大学は慶応?芥川賞【推し、燃ゆ】のエピソードと口コミも!」と言う内容でまとめました。

宇佐見りんさんの高校、大学は慶応という可能性が高いと噂になっていました。
芥川賞を受賞した「推し、燃ゆ」は、いろいろな人に共感される小説ではないでしょうか。

芥川賞受賞おめでとうございます。