スポーツ選手

高橋藍の大学や高校はどこ?中学はリベロでレシーブもスパイクもきれい!

高橋藍の大学や高校はどこ?中学はリベロでレシーブもスパイクもきれい!

男子バレーボール日本代表の高橋藍選手(たかはしらん選手)が、中国代表の国際親善試合で、圧倒的なプレーで注目を集めましたね。

そして、オリンピック出場が決定しました。

髙橋藍選手の名前の「高」は、「髙」が本名です。

中国選手の高いブロックの壁を、冷静な判断で、クロス、インナーなど自在に変化させ得点につなげていけるのがすごいです。

高橋藍選手は、スパイクだけでなく、レシーブも強みです。

「高橋藍の大学や高校はどこ?中学はリベロでレシーブもスパイクもきれい!」という内容でまとめました。

高橋藍(男子バレーボール)の大学と学部は?

大学

高橋藍選手は、現在(2021年)、日本体育大学(日体大)の大学生です。

学部は体育学部、体育学科という情報がありました。

高橋藍選手が、日本体育大学(日体大)を目指そうと思ったきっかけは、世界で活躍できる選手になるためということでした。

これからは世界を見すえ、日本を背負って戦う選手になりたい。「そのための知識や体力、技術を身につけるために日体大に決めました」と、高橋は言う。

https://4years.asahi.com/article/13071275

高橋藍選手は、バレーの実践練習だけでなく、大学で、体のこと、怪我した時の基礎知識、栄養や専門知識など、練習以外の知識を学んでいます。

松永コーチからみた、高橋藍(髙橋藍)選手は、感覚やイメージから体現するタイプではなく、説明書や設計図を見ながら忠実に再現する能力があるといっています。

日本体育大学での学問としてのスポーツ知識と、高橋藍選手の身体能力が合わさって、すごいことになりそうです。

スポンサーリンク

高橋藍(男子バレーボール)の高校はどこ?

高校

高橋藍(髙橋藍)選手の卒業した高校は、春の春高バレーで優勝した東山高校です。

東山高校は、京都の高校で、スポーツで実績がある高校です。

2020年春の春高バレーで、東山高校として初めての優勝を勝ち取り、両チーム最多の26得点でMVPも獲得しています。

高校時代は、松永コーチからの影響は大きかったようです。

松永コーチは、高橋藍選手が尊敬する石川祐希選手が中央大学に在籍していた時の監督を務めていました。

石川祐希選手を知り尽くした松永コーチが、東山高校のコーチに就任していたこともあり、トレーニング方法なども石川選手の影響を受けたようです。

「練習中だけじゃなく、体のケアや食事の面でも怠らない。食事もトレーニングの一環として、体のコンディションを考えながら食べたりしていたので、本当に、バレーだけじゃなく普段の生活からアスリートとしての意識を持たなきゃいけないなと感じました。自分が考えていた“意識が高い”のレベルを100としたら、石川選手の場合はそれを超えて120ぐらいだった。自分ももっと上を見ないといけないなと思いました」

https://number.bunshun.jp/articles/-/846404?page=2

目標とする選手を徹底的に真似て、それを取り入れて自分のものにする力がすごいですよね。

そして、ものすごくまじめでストイックですね。

まだまだ伸びそうです!

憧れの石川選手と同じネックレスをいつも身につけています。パワーをもらっているのでしょうか・・・。

高橋藍のネックレスは石川祐希とおそろい!シューズのブランドも調査!という記事も合わせてご覧ください!

高橋藍(男子バレーボール)は中学でリベロ!レシーブがきれい!

ボール

高橋藍(髙橋藍)選手が通っていた中学は、京都市立蜂ヶ丘中学校です。

高橋藍(髙橋藍)選手は、背が高くなかったということもあり、1年生の時は、リベロ(レシーブ)をしていました。

その後は、アタッカーとして活躍したんですが、レシーバーだったこともあり、今でもレシーブがとてもきれいで上手です。

JOC中学バレーボールに、京都選抜としても出場しいることから、中学時代からバレーの素質があったことがわかりますね。

そして、中学時代にリベロをしていただけあって、低い位置から安定したレシーブがきれいですよね。

きれいなのは、レシーブだけでなく顔も!高橋藍選手は、ハーフではないんです。クオーターのイケメンです。

男子バレーの高橋藍がイケメンでかっこいい!家族構成(父・母・兄弟)も!という記事で、イケメン家族についても調査しました。

高橋藍(男子バレーボール)のスパイクがきれいと評判に!

高橋藍(髙橋藍)選手の評判をSNSで調べていると、フォームがきれいという声がありました。

きれいと言えば、高橋藍(髙橋藍)選手の顔がきれいという声が、ものすごく多かったのですが、顔だけでなく、スパイクの時のフォームや、レシーブの姿もきれいという声もありました。

 

 

 

アタック(スパイク)だけでなく、レシーブもきれいと評判ですね。

バレー技術まできれいなんて、完璧すぎます。

 

スパイクと言えば、西田有志選手もすごいですよね!西田有志のジャンプ力とサーブが豪快!筋肉と最高到達点もヤバすぎ!という記事でもまとめています。

高橋藍の大学や高校は?中学はリベロでレシーブもスパイクもきれいのまとめ

「高橋藍の大学や高校はどこ?中学はリベロでレシーブもスパイクもきれい!」という内容でまとめました。

高橋藍選手の大学は日本体育大学、高校は東山高校、中学は京都市立蜂ヶ丘中学校でした。

中学、高校ではキャプテンをつとめ、優勝もしています。

石川祐希選手を目標として、高校や大学で、バレーを実践していました。

レシーブもきれいで、スパイクも強烈です。

まだまだ伸びそうで、目が離せませんね!