政治

岸田文雄が利用のチャーター機の料金はいくら?飛行機で遊説の評判も!

岸田文雄が利用のチャーター機の料金はいくら?飛行機で遊説の評判も!

岸田文雄首相はどんな政策をするのか、
期待が高まっていますよね。

そんな中、岸田文雄首相が、
チャーター機を利用したという報道がありました。

チャーター機の料金はいくらなのでしょうか?
飛行機で遊説(ゆうぜい)の評判についても、
調べました!

岸田文雄が利用のチャーター機の料金はいくら?

岸田文雄首相が利用したチャーター機の料金は、
少なくとも550万円以上だと考えられます。

4、5席の小型チャーター機だと、料金は550万円~になります。

8席ある中型チャーター機は、1200万円以上かかるでしょう。

チャーター機の料金は、
ANAのサンプル料金をもとに計算しました!

ANAビジネスジェット 公式サイト|チャーター手配 (anabj.co.jp)

岸田文雄首相は秋田、新潟、石川、香川県を、
チャーター機で回ったということです。

電車とバスを使って行くと、
料金は一人40,000円かかります。

  • 秋田から新潟は、一人約8,000円
  • 新潟から石川までは、一人約1万7,000円
  • 石川から香川間は、一人約15,000円

時間は合計で、16時間半かかってしまいます!

アクセスがよくないので、
岸田文雄首相はチャーター機を使ったようです。

チャーター機を使わないと値段は安いですが、
時間がかかってしまうので、
他の業務に支障がでそうですね。

政府は13日の閣議で、河野太郎外相が6月初旬に訪米した際のチャーター機の借り上げ費用として、3828万7910円を外務省予算から支出したとする答弁書を決定した。

公式HP産経ニュース

過去にはチャーター機に関する記事で、
このようなものがありました。

大型のものや、距離が遠くなると、
チャーター機の値段は高くなりますよね。

今後、岸田文雄首相の、
チャーター機の使い方については、
注目していく必要がありそうです。

国民からすれば、国のお金は、
なんとか工夫して使っていただきたいという、
思いがありますよね。

さらに、今回の移動は必要だったのかと疑問に思いました。

何故なら、岸田文雄首相は、
総裁選でこのように語っていたからです。

 岸田氏が総裁選で掲げたのは「二つの原則」だ。原則とは、国民の協力を得る納得感ある説明、常に最悪を想定した危機管理の二つを意味する。「医療難民ゼロ」「ステイホーム可能な経済対策」「電子的ワクチン接種証明の活用と検査の無料化・拡充」「感染症有事対応の抜本的強化」の4本柱で、ゴールを明確にした対応に取り組むと公約した。

公式HPYahoo!ファイナンス

岸田文雄首相が総裁選で掲げた中に、
ステイホーム可能な経済対策とあります。

直接出向く遊説(ゆうぜい)は、
ステイホームとは程遠いと感じました。

では、チャーター機を使った遊説には、
効果があったのでしょうか?

岸田文雄首相が飛行機を使って、
遊説した評判について調べました。

岸田文雄が?飛行機で遊説の評判は?

 

岸田文雄首相が飛行機で遊説したことについて、
効果がなかったとする評判が多くみられました。

mee*****
| 15時間前
高額燃料費のチャーター機、しかし今の時代、遊説で風が大きく変わるでもない。何のために国はデジタルと看板を上げているのか。ネット配信SNSなど活用してさまざまなメッセージを打ち出せるのではないか。微妙な矛盾を感じる。

公式HPYahoo!ニュース

SNSを利用して発信できる時代ですから、
遊説してもかわらないのではないかと考えられます。

これから国のデジタル化を目指していくのであれば、
選挙にもデジタル化を取り入れて欲しいですよね!

aha*****
| 15時間前

わざわざチャーター機使わなくてもいいのでは…これこそ税金の無駄遣い!チャーターであちらこちらに出向きいったいいくらかかるの?岸田総裁の給与から払うなら問題ないがその他なら問題ありだよ!原油高や所得が減ったなどで国民は苦しんでるのに!わざわざ党のトップクラスが各地に応援に行ってるけどオンラインでもいいのでは…。

公式HPYahoo!ニュース

ガソリン代高くなって国民が苦しんでいるのに、
チャーター機を使う必要はないのではないかという評判ですね。

確かに、最近ガソリン代が急に高くなりました。
ガソリン代については、
岸田文雄首相もこのように考えています。

 岸田文雄首相は28日、青森市での街頭演説で、原油価格の高騰に対して支援策を講じる考えを示した。「ガソリンや灯油など燃料費の高騰は地方にとって大きな課題だ。過去のさまざまな支援策を参考にしながら生活を支える支援を考えていく」と述べた。

公式HP時事ドットコム

過去の対策だけではなく、
オンラインを利用するのもいいですよね。

TVやYOUTUBEから、
思いを伝える人はたくさんいます。
画面越しでも、思いは伝えられますよね。

岸田文雄首相がオンラインで遊説することで、
仕事のオンライン化が進むかもしれません。

新しい発想も取り入れながら、
ガソリン問題も解消できれば良いのではないでしょうか。

新しい発想を取り入れれば、
岸田文雄首相の評判も良くなりそうですよね。

まとめ

岸田文雄首相が利用したチャーター機の料金は、
少なくとも550万円以上だと考えられます。

8席ある中型チャーター機だと、1200万円以上かかるでしょう。

岸田文雄首相が飛行機で遊説したことについて、
効果がなかったとする評判が多くみられました。

新しい発想を取り入れれば、
岸田文雄首相の評判も良くなりそうですよね。

お金に困っている人が多い時代ですから、
節約して仕事することが必要だと感じました。

オンライン化を進めて、
安心して暮らせるといいですね。